<< GRAINEDボックス型トートバッグCELINE/セリーヌ MINI SHOPPER | main | 2トーン >>

スポンサーサイト

0
    • 2015.02.13 Friday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    Celine Luggage is "New Birkin" ?

    0
      経済誌である 「フォーブス」に2012年7月に掲載されたファッションの記事が、 「Has The Hermes Birkin Bag Lost Its Appeal?」、すなわち「エルメスのバーキンは魅力を失ってしまったのか?」という記事。
      この中では、エルメス・ブティックで優先的にバーキンをオーダーできる上顧客達が、自分達のためでなく、 再販するためにバーキンを引っ切り無しにオーダーし、それらが香港のエルメス・リセールの専門店で、ブティック価格の2倍で売られていることや、 今やそんなバーキンを大金を出して買っているのは、香港と東南アジアの女性達だけで、 彼女らは、ディナー・パーティーの席にもバーキンを持ってくるみっともなさ、すなわち「バーキンしか高いバッグを持っていないことを露呈するかのように、 バーキンが不適切な席にまで、バーキンを持って現れる」という指摘がされていたのだった。

      実際のところ、ニューヨークでも今、バーキンを下げて歩いているのは、母親から借りたのではと思しき夏休み中のカレッジ・ガールなどで、 ファッショニスタのバーキン族は激減中。 最先端のファッショニスタがショッピングをするバーニーズ・ニューヨークでも、今やバーキンを持った買い物客は殆ど見かけず、 メガ・リッチのショッピング・スポット、バーグドルフ・グッドマンでは バーキンを下げているのは年配客ばかり。
      フォーブスの記事では、ファッション・ブロガーの「バーキンはトレンドではなく、ライフスタイルなので、廃れることは無い」というコメントで締めくくられていたけれど、 別のファッション・ブログでは、「長年愛用しすぎて、さすがに飽きた」、「別のバッグを合わせた方が、ファッションがトレンディに見える」 といった指摘もあり、確かにバーキンのマンネリ化が進んでいることを印象付けているのだった。

      そこで、ファッション・リサーチャーが高級店のバッグの売り上げや、セレブリティのスナップ、メディアに登場するバッグということで、 次の「It Bag / イット・バッグ」すなわち、誰もが欲しがる目玉バッグは何かと調べたところ、 ダントツで筆頭に名前が挙がったのがセリーヌのラゲージ。

      スポンサーサイト

      0
        • 2015.02.13 Friday
        • -
        • 14:51
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        calendar
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << September 2017 >>
        PR
        selected entries
        archives
        recommend
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM